株式会社キスモ(本社:名古屋市千種区、代表取締役:三野稜太、以下「キスモ」)は、平成30年11月1日(木)に財務省で開催された全国財務局長会議において、東海財務局よりAI導入支援をしている企業として紹介されました。

東海財務局は全国財務局長会議において、以下の内容を報告しました。
1.最近の東海財務局管内の経済情勢
2.東海地域における先端技術(IoT、AI等)の活用状況について

キスモは中小企業における先端技術活用の推進に向けて、技術活用の課題解決に取り組んでいる事例のうち、AI技術の普及に取り組む会社として取り上げられました。その中で導入時の費用面や、技術に対する理解などの課題に対して、キスモが提供できる価値について掲載されました。

弊社は今後も、中小企業を含む企業様に向けて、AI技術を活用した新たな価値創出、事業活動の改善や業務の効率化に貢献できるよう、事業を推進してまいります。

詳細はこちらをご覧ください。

「最近の経済情勢等について」(東海財務局)
(URL:http://tokai.mof.go.jp/keizai/pagetokaihp007000059.html)をもとに作成

●株式会社キスモについて

株式会社キスモは「地に足ついたデータ分析をリードする」をバリューに掲げる名古屋大学発AI開発企業です。国内の大企業様を主な対象として、画像認識、自然言語処理、センサーデータ処理、数値予測などの領域でAIプロジェクトの事前検証やAIモデリングを行なっております。
代表取締役:三野 稜太
株式会社キスモ公式WEBサイト:https://www.kysmo.tech/

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社キスモ
担当者:鈴木 雄也
MAIL:info@kysmo.tech