10月19~21日に開催されたレバレジーズ主催の「MANABIYA#2 -teratail Developer Days-」にて取締役兼Kagglerの大越が登壇しました。

●大越よりコメント

21日のスポンサー枠にて登壇させていただき、Kaggleとは何か、また、Kaggleが日々の業務に及ぼす良い影響、Kaggleで学んだことなどをお話しいたしました。

登壇後には、Twitterのコメントで「Kaggleへのモチベーションが上がりました」、「Kaggleから仕事の流れが分かりやすかったです」等のコメントをいただき、大変嬉しかったです。
質問タイムでは、以前Kaggleをやっていた方が質問に来てくださり、最近のKaggle事情などをお伝えしたところ、「ぜひやってみたい」と言っていただきました。

今後もKaggleで日々研鑽しながら、そこで得た知識を仕事に活かしていきたいと感じました。また、多くの方にKaggleの魅力を伝えていければと思います。

●当日の発表資料はこちらをご覧ください。


●株式会社キスモについて

株式会社キスモは「地に足ついたデータ分析をリードする」をバリューに掲げる名古屋大学発AI開発企業です。国内の大企業様を主な対象として、画像認識、自然言語処理、センサーデータ処理、数値予測などの領域でAIプロジェクトの事前検証やAIモデリングを行なっております。
代表取締役:三野 稜太
株式会社キスモ公式WEBサイト:https://www.kysmo.tech/

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社キスモ
担当者:鈴木 雄也
MAIL:info@kysmo.tech
URL:https://www.kysmo.tech/contact/